2011年03月26日

いわき市から


昨日家に戻りました、被害の様子を見て下さい。

小名浜港周辺
いわき 2.jpg

いわき 7.jpg

いわき 6.jpg

いわき .jpg

今回は磐越道が3月24日復旧したので新潟から郡山経由でいわきに向かいました。
夫婦二人が運転席と助手席に後部座席は、水110・リンゴ2箱・玉葱、大根、ジャガイモ
それに戸隠そば・戸隠の我が家の米30`・帰りのガソリンが30ℓ、その他衣類やらで
満員御礼状態です。

北陸自動車道も磐越道もタンクローリーとLPガスの車が沢山は走っていました。
磐梯SAで昼食をとりましたがメニューはラーメン・カレー・丼物あとはオーダー
できません。SAの駐車場はいろいろな県のナンバーのタンクローリーがズッラーと
並んでいました。

阿武隈SAで給油しましたが2000円まで入れられ、いざいわき市へ!!

事前にTELで聞いていたとはいえ支援物資がどのように手渡ししてよいかわからず
いわき市小名浜支所でひとまず情報収集のつもりが・・・
ボランテイアと職員の方が生モノはこちらへお願いします、との声で車を誘導され
何人も手伝い人が集まってきてくれました。
あれ!情報収集しようと思ってきたのが、全てこちらへ下ろすことになり車の中は
アッという間に空っぽに。

帰りのガソリンが足りそうなので?
ガソリンは足りていますか?と尋ねると「在りません」と即座に返ってきたので帰りは
何とかなるかもしれないので10リットルどうぞと!!
そうしたら市の車3台に分けて給油していました。

いわき小名浜花火大会

いわき小名浜06.jpg

2006年いわきマリンタワーの方から撮影した写真と手作りのポストカードを手渡し支所を
後にしました。

平 豊間地区

いわき 5.jpg

いわき 4.jpg

小名浜ではいたるところに車が瓦礫化して、港では大型船が打ち上げられ驚きました。
支所の方に被災地を見ていって下さいとの事で、大きな被害がでたのが平から北の四倉
久之浜と聞いて向かいました。
途中、美空ひばりの歌で有名な塩屋埼灯台の下にある豊間地区に差し掛かると、今まで
見た光景からTVニュースなどで見ていた「津波」の被災地と同じ光景が目の前に広がって
きました。近くの海は穏やかで大変綺麗なのに・・・・・
瓦礫の中には婚礼写真や子供のおもちゃそれにグランドピアノがゴミと化した瓦礫の中に
あり、乗用車は無残な姿をさらしてあちらこちらに。

また
続きを書きますが、とにかく地震・津波の被害が想像を絶する規模でした。
原発と合わせ福島県は大変な事になっています、みんなで末永い支援をしていきましょう。
posted by 秀 at 14:52| 長野 ☁| Comment(0) | 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。