2012年07月31日

相馬野馬追の日


南相馬市内

_25C3490.jpg

_25C3478.jpg

荒涼した南相馬の穀倉地帯の現在の風景、これでは何時から米作りが再開出来るかわからない状況ですね。

祭りだけ見て帰るわけにはいきませんこの様な状況がいまだに続くのは政治の無策だから、多くの人達に知って欲しいです。

祭りが再開され例年の三倍の人出だそうですが、放射能を心配しておられる方も多くいました。
それでも市民の方は辛い思いを封印して頑張っておられました。
posted by 秀 at 10:40| 長野 ☀| Comment(0) | 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。