2012年08月20日

復興!!ふくしま夏の陣


浅川の花火

08167072A.jpg  

先週いわきの花火大会に行く途中に、花火の里浅川の幟が国道に掲げられていて
帰宅後調べてみました。
町民に親しまれている山の上から爆発する花火があると分かり行くことにしました。

名前は「地雷花火、でもプログラムを入手すると何と二尺玉まで上がるではないですか。
ちょと欲張って撮影したら地雷花火は何処へ、お盆の供養花火大会でした。

8/16日撮影


釈迦堂川全国花火大会

08187240A.jpg

いわきも浅川も釈迦堂もみんな須賀川の煙火業者糸井火工さんプロデュースだったんですね、
知らずに追っかけやってしまいました。
ここは昨年大雨と煙で殆ど撮影が出来なかった大会でした、撮影どころか傘をさして見ていただけでした。

今年も二尺玉が6発も入っていたのにまともに撮影させて貰えませんでした(今年は完全は風下、プログラム構成)。
でも同じ場所に撮影で集まった方々は自分の事を覚えていてくれて、今回駄目でしたがまた来年来てと言って帰って行きました。

ここで出会えた福島の方々はだいぶ元気になっている様子が良く分かりました。
それと車を止めさせて貰った薄井さんまた写真送りますよ。

8/18日撮影

水郡線

08177096.jpg

花火の合間の日に稲穂が色ずき始めたので水郡線をうろうろしました。
塙町、棚倉町この辺りはのどかでいい所ですね、集中してロケハンしました。
昔は天領だったそうで、当時の面影を残す史跡も多く桜の古木もありました。

8/17日撮影

只見線

08197376.jpg

福島からの帰路猪苗代湖周辺ではそばの花がほぼ満開でした。
磐梯山と絡めるアングルが見つからずそば畑のみ納めてきました。

只見線は昨年7月の豪雨災害から未だ立ち直れていません。
只見川に橋脚が落ちたままの所があったり、流れで護岸が削り取られた
まま剥き出しになっていたり。

そして只見線は復旧は未だ進まず、写真は只見町に入って大塩という駅近くの
踏切の様子です。
汽車の走らない線路、過疎に拍車がかかりそうで心配です。

8/19日撮影
posted by 秀 at 09:07| 長野 ☀| Comment(0) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。