2020年10月05日

伝統産業 製糸業


長野県といえば製糸業、あの富岡製糸場と絹産業遺産群も岡谷発祥の片倉製糸が
元になる。

今ではほとんど絶滅危惧種的になった織物も、基本はこの繭から始まる。

いきなり工場をお訪ねして撮影させてもらった。

10032036.jpg

10042007.jpg

繭からとれた生糸

10042049.jpg

ここからは、染めて生地になりやがて高級なシルクの着物になるそうだ。
【関連する記事】
posted by 秀 at 11:09| 長野 ☁| Comment(0) | 撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。