2016年03月18日

左義長まつり

3月12・13日に滋賀県近江八幡で行われた左義長祭りの取材に、織田信長も
参加したといわれる伝統ある祭りです。

近江八幡は信長が造った安土城から職人や商人を集めて出来た町が
近江八幡だと云われています。

その近江商人発祥の地に小正月行事として伝わって来たものが、今では
3月に行われています。

03121791.jpg

重伝建の町並みを巡行する左義長

03121676.jpg

宮入から町へ繰り出す山車

03132111.jpg

けんか相手を求めて日牟礼八幡参道で激しくぶつかり合う

03132278.jpg

03132174.jpg

夜のクライマックスは山車を燃やして、名残を
惜しむように火の周りで踊る。

まるまる二日間約900駒シャッターを切りました。

最後に雨が降り傘が開いたのが悔やまれる。
posted by 秀 at 00:19| 長野 | Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

野沢温泉道祖神祭り


いつもの野沢温泉は豪雪で数メーターの積雪があるが、今年は
暖冬異変で殆ど積雪が無い。
小正月が過ぎると直ぐに立春が来ます、どうなる事やら。

最近伝統行事は土・日に変更する事が多くなった。
でもここは伝統を守って15日に取り行っている。
1月15日は小正月で、以前は成人式が行われていた。

昨日は軽井沢でスキーツアーバスの痛ましい事故が起きてしまった。
普段から取材は遠くても下道が原則の私は、事故の現場は何度となく
通り良く知っている場所なのです。
あの場所は黙ってても下り坂なので60〜70キロは直ぐに出てしまう
所です。
検証は警察にお任せするとして、若い方々の御冥福とトラウマにならない様に
願っています。

そんな15日に伝統の野沢温泉道祖土祭りが行われた。

01159873.jpg

奉納された3本の灯篭とブナで出来た社殿が広場に集まりだすと、あちら此方から
英語やら中国語らしき言葉が飛び交っている。
8割がた外国からの観光客で占められているような会場だ。

01159780.jpg

厄年の男たちが社殿を巡って小一時間攻防を繰り返し、
その後手締めが行われて点火される。

01159979.jpg

江戸時代から続くこの祭りは、国の重要無形文化財に指定されている。

posted by 秀 at 11:27| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

前橋初市

初撮り&初市

群馬県では年頭にだるまを売る初市が数カ所で行われています。
有名なのは高崎、何といっても全国的にだるま生産量が群を
抜いています。
高崎は毎年1月7日に達磨寺で行われています。

今回は一日通して撮影向き?な前橋を選んでみました。

だるま供養の御炊き上げ

01099543.jpg

01099587.jpg

一般市民のだるまは此方です。

市民の方が御炊き上げ場にだるまさんを置いたら、速攻でつまみだされました。
そしてこちらへ

01099616.jpg

だるまを売る市と露天がびっしりと並んでいました。

01099657.jpg

縁起の良いだるまさんの初撮りでした。
posted by 秀 at 17:26| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

小鹿野鉄砲祭り


2015年15月13日、暮れも押し詰まった頃に何とも威勢のいい
祭りを見て来ました。

埼玉県小鹿野町飯田八幡神社で行われた「鉄砲まつり」

来年3月で閉校になる三田川中学の皆さんの歌舞伎です。
中学生による歌舞伎上演、とても素晴らしい演技を見せて貰いました。
閉校になるのが大変残念です。

12139087.jpg

12139073.jpg

12139051.jpg

立派な舞台ありがとうございました。

そしてメインはお立場と呼ばれる鉄砲の間をくぐって参道を
駈け上がる神事です。

猟友会のメンバーと火縄銃の方が両サイドに構え、駆け足で
通り抜けて社殿を目指します。

12139264.jpg

12139200.jpg

秩父三大祭りと呼ばれ、秩父地区最後のお祭りです。

とても良いお祭りを見せて頂きました。
posted by 秀 at 23:18| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

秩父夜祭り

12月の秩父盆地は夜祭から始まる。

2日の宵宮、6台ある屋台が宮入の後地元に戻り屋台芝居へと向かう。

12038454.jpg

当番は中町、交差点では方向転換。

12038459.jpg

屋台は拡げられ横にも張り出しを付けると、御覧の歌舞伎屋台へ変身です。

12038576.jpg

屋台芝居は2日・3日と行われ賑わう。

12038635.jpg

3日6時半御神興に続き屋台が秩父神社を出発する。中近笠鉾が出て境内は物凄い人が
動き出す。

12038650.jpg

12038906A.jpg
6台の屋台は御旅所(市役所広場)を目指して運航する。

御旅所に着いた屋台を迎えるのは豪華な花火、7時から10時まで
屋台が上がったり、予定の時間になったりすると打ち上がる。

7時半からは日本花火芸術協会の素晴らしい花火も奉納される。
posted by 秀 at 13:10| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

須賀川松明あかし

長さ10メートル位の松明が所狭しと
林立、火が付くのを待っている。
日本三大火祭りの「須賀川松明あかし」降りしきる
雨の中威勢よく始まった。

400年の伝統ある松明が、ライトアップされて並んでいる。

_25C7468.jpg

最後に大松明と姫松明が立てられ準備完了!!

_25C7463.jpg

大松明によじ登り点火に向かう

_25C7479.jpg

この大松明が点火されて、姫松明、そして他の松明へ
順次点火されていく。

_25C7484.jpg

女性が中心に建てられた姫松明

_25C7490.jpg

どんどん炎に包まれていく。

_25C7521.jpg

さながら火事場の様な光景に、消防団も燃え落ちた
松明を消化、煙と燃えカス、火の粉が空中を乱舞。
壮大な火祭りとなった。

降りしきる雨の中、祭り参加者は風邪をひかなかったのか心配。
posted by 秀 at 08:01| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

二本松提灯まつり

10月4日、福島県二本松市内で行われた二本松提灯まつりの宵祭り
の始まりです。

_25C4671.jpg

_25C4712.jpg

_25C4752.jpg

明るかった空が暗くなり、夕刻6時の点火式から
始まり、太鼓・笛・掛け声などで一気に最高潮に。

数時間かけて市内を巡ります。

人の波が凄過ぎて、出発式の様子を撮影してこの日は終了。
その後は、駅前の居酒屋さんでお世話になっている方と宴になりました。
posted by 秀 at 23:26| 長野 ☀| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

北陸の祭り?イベント

富山の奇祭「つくりもんまつり」?何でしょうか、観光協会のサイトを
覗いても良く分かりません。見当は付きましたが。

09234299.jpg

野菜など食材でいろいろなテーマに表現するお祭りでした。
なかなか良く出来たものやこれは?と云うものまでいろいろな
作品が展示されていました。
写真は大型つくりもんと云う事で立派な力作です。

豆・トウモロコシ・きゅうり。なす。唐辛子等々いろり物が
一つのキャンバスになっていました。

09224171.jpg

お目当ては此方、年に数回の帆船の火が晴れなければと
以前より狙っていた被写体でした。
 富山の人は年中行事なのか人出もビックリするほど多くなく、
それにビックリしました。

09224224.jpg

殆ど人のいないイルミネーションの海王丸です。
posted by 秀 at 19:40| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

犀川神社秋季例大祭


9月21日、夜10時まで犀川神社例大祭が行われていました。

2年前に行った時より数段見物人が増えていました。

境内に隙間がありません。しかも県外から多くの方が見えていました。

来年から長野県の無形文化財に格上げ予定?だそうです。

東京のテレビ局も取材に来ていました。

ますますメジャーになる奉納手作り花火

_25C4002.jpg

立火

_25C4013.jpg

打ち上げ花火(手持ち)

_25C4041.jpg

_25C4068.jpg

_25C4100.jpg

面白い仕掛けも沢山あります。手作り花火のデパートの様です。

_25C4113.jpg

三脚なんて広げるスペースはありません。

空いている所は立火をやる立ち入り禁止のスペースだけです。

古くからの伝統に感激の夜でした。
posted by 秀 at 01:12| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

新庄まつり

8月24・25日山形県新庄市で行われた「新庄まつり」の様子です。
2016年秋にはユネスコ世界遺産に登録される可能性が非常に高い
お祭りです。
雨には会わなかったのですが風が強く、秋の様な気温でとても
涼しかったです。
今年は260年祭と云う事で3日開催と連日の宵まつりです。
前日に撮影が出来たので2日間だけ撮影してきました。

08241688.jpg

新庄市の広報の皆さんの御協力を得て撮影しています。
上空から見た、ライトアップされた山車と露天商のコラボレーション。

08241520.jpg

08241644.jpg

最上公園から神輿渡御の出発シーン

08251803.jpg

町の中を行列は進みますが、川を渡りちょとのんびりする風景が
観られる場所。

08251895.jpg

新庄まつりで使われる題材には歴史的なものや歌舞伎の
中から選ばれている。
 昨年も謡曲「紅葉狩り」を出されている町内がありました。
今回は北本町が、我が戸隠を舞台にした紅葉狩りを採用して頂いたので
大きく写真を撮ってみました。
都から逃れた絶世の美女で、妖術を使う紅葉が戸隠荒クラ山に籠り悪さを
するので平維茂が成敗に来ると云うストーリです。

08251997.jpg

今回も新庄の皆さんや御協力して頂いた多くの方々に感謝です!!
posted by 秀 at 09:35| 長野 🌁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

東北四大祭り中間報告

8月2.3日は恒例の長岡花火
両日とも煙が履けづいまいち

_25C8458.jpg

そのまま青森ねぶた経由で山形花笠まつりへ

_25C9111.jpg

本日、仙台七夕まつり撮影後自宅へ

_25C9163.jpg

詳しくは後日
posted by 秀 at 21:51| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

夏祭り


国指定重要無形文化財の二つのお祭りの撮影から戻りました。
北関東では連日37℃38℃のうだるような暑さ、お祭りを開催
する方も大変ですが写真を撮るのも命がけです。

昔はこんなに異常高温じゃなかったような気がするんですが。
水を持ち歩けばぬるま湯に、露店で冷えたのを買おうとすると
売り切れ、コンビニでは商品の入れ替えが早いので冷えておらず。

山あげ祭り演目二題

_MG_4138.jpg

_25C7378.jpg

相馬野馬追

此方は10馬立10レースの筈が頭数揃わず、悪戦苦闘の
撮影でした。

_25C7500.jpg

とにかく暑いので倒れない様に撮影を続けます。

posted by 秀 at 19:54| 長野 ☀| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

あばれ祭り

2015年4月新しく制定された日本遺産、能登のキリコ祭りの
元祖とも呼ばれる勇壮な祭り。
盆・正月に帰省しない人達もこの時は帰省すると云われている。

7月3.4日開催された宇出津八坂神社のあばれ祭り。
両日ともクライマックスは21時過ぎから、昼間から
役場前は場所取りをするカメラマンが大勢いた。

能登な夏祭りはキリコ灯篭、その中でも見応えのある
祭りの一つである。

この頃は待ち構える観光客が大勢いた。
夕焼け空と大松明

07035697.jpg

9時過ぎ徐々にキリコが広場に集まりだし、松明に火が入り始め
高々と燃え上がる炎とキリコ。

07035943.jpg

07035786.jpg

松明が5本全部に火が入り、キリコが広場中で暴れ回る。

07035998.jpg

10時半も過ぎた頃から各地区へ戻るキリコ、出店の様子から
大きさが分かると思います。

07036042.jpg

フィイルムの時は手軽に撮れなかった夜の祭りが、
デジタルカメラによってバリエーション豊富に撮影出来る。

この日は花火も上がったがのんびり見させて貰った。
posted by 秀 at 08:24| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

秋田県の祭り


今日は申告も終わり、今年に入って撮影したものを現像していた。
秋田のなまはげを今月になって撮影ができ、知名度のある祭りを
沢山撮影していることに気が付き秋田県だけで掲載してみました。

まずは夏の風物詩、集客力抜群の「大曲の花火」です。
尺玉を含め、日本一の競技花火大会である。
花火のレベルがとても高く常連が多い。

大曲の花火.jpg

日本海に突き出た男鹿半島、昔は島だったようです。「男鹿のなまはげ」は
独特の文化を残し後世に伝えられている。
冬のみちのく五大祭り、男鹿なまはげ柴灯まつり。

02143271.jpg

内陸で雪国の横手市、豪雪を利用した冬の楽しみを再現している
「横手かまくら」、こちらも冬のみちのく五大祭り。

02157510.jpg

今は横手市に合併されている増田、かつては内陸の商都として
栄え立派な蔵がたくさん残っている。
増田の梵天祭り

02167602.jpg

角館の武家屋敷桜は百選に選ばれている。
春には大勢の観光客が訪れ、四季それぞれ趣がある。
冬には桧内川で小さな俵を振り回す火振りかまくらが行われる。

02147316.jpg

夏の東北三大祭り「竿燈まつり」もとても有名なお祭りです。
稲穂を模った竿灯の、妙技会なども行われる。

08049178.jpg

富山県の「風の盆」と同じ様に編み笠を被り踊る人もいます。
ここしかないのは、彦三頭巾と呼ばれる亡霊を意味するような
物を被って踊る人が沢山いて、風の盆とは違って素朴で盆踊りの
原形を見る事が出来る。羽後町の西馬音内盆踊り

08160370.jpg

毛馬内の盆踊り、鹿角市の北端にある町の盆踊りです。
この祭りも他の祭り同様国指定無形文化財に指定されている。
この日は多くの秋田美人を見る事が出来た。

08222473.jpg

最後に「花輪ばやし」、それまで秋田県の無形文化財だった。
平成26年に国指定無形文化財になり、更にユネスコ無形文化遺産に指定された。
夕方からまつりが始まり、8時過ぎ頃からクライマックスを迎え、その後延々と
翌朝まで屋台同士がお囃子競い合ったりとても賑やかなお祭りである。

08192021.jpg

秋田県にはまだまだ知られていないお祭りが沢山あると思います。
情報お持ちの方、写真を使用したい方御連絡下さい。
posted by 秀 at 16:07| 長野 ☀| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

なまはげ柴灯まつり


深夜東北取材から帰宅。一気に600k走りました。

今日は今回の目的の一つ「男鹿のなまはげ」なまはげ柴灯まつりに行って来ました。
国指定重要無形民俗文化財です。
「悪い〜子は居ねーかー」「キャー」など楽しい怖いイメージのお祭りですね。
HPページ等でスケジュールは載ってはいますが行ってみないと分かりません。

今回のお祭りの舞台は

_25C3138.jpg

男鹿市真山神社境内

_25C3148.jpg

「入魂式」によってお祭りが始まります。
真山のなまはげは未だ「生身」

_25C3164.jpg

神事により真山のなまはげに変身します。

祭りが始まると里のなまはげ達が繰り出してきて、場内は騒然としますが?
暫くすると記念撮影会の様な会場に。

神楽殿では伝統行事の再現やなまはげ太鼓の実演があります。

_25C3215.jpg

そしていよいよクライマックス、真山のなまねげが下山して来ました。

_25C3252.jpg

_25C3266.jpg

会場内をウオーウオー云いながら動き回りお山に帰ります。

_25C3306.jpg

最後になまはげにお餅を上げると、なまはげはお山に帰ります。
なまはげ献餅と云う儀式で全てが終わります。

簡単にお祭りの流れを書きましたが場所取りやら、祭りを撮影に来られる
大勢のカメラマンで何も撮れない事もありそうです。
この日も地元のTV局が取材にならないと嘆いていました。
かなりハードルの高い被写体ではないかと思います。

それのこの日は大荒れで、待ち時間に寒さが身に染みました。

隣のなまはげ館では何時もなまはげの再現を有料で行っています。

_25C3128.jpg

なまはげを伝承しいる地区はかなり減っているようです。
大晦日の行事として是非後世に残して貰いたいものです。
posted by 秀 at 10:27| 長野 ☁| Comment(2) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

現像したて


只今夏の現像から秋へ進んで来ました。

9月2日富山から八尾町へ、昼の町流し

夜の聞名寺の踊りへ。

若い踊り手が不足していると聞いています?アルバイトの踊り手や

遠くから来た人など、

祭りと云うより八尾町で行われるショーですね。

09022826.jpg

聞名寺境内でも各地から来られた愛好家による奉納?が行われていました。

09023255.jpg

町の中は踊り手と観客でごった返していました。

09023304.jpg

夜遅くまで胡弓の音色と雑踏が八尾町を席巻していました。


2014年9月2日撮影
posted by 秀 at 15:53| 長野 ☀| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

風の盆でブログ千回!!


本日ブログ千回達成!!!!!

ブログ記事投稿がついに1000回、良くここまで飽きずに書き綴れた
事が信じられません。
見て下さった皆さんありがとうございます。
通算すると15万〜20万検索になっているかと思います。

ブログは210日に秋が訪れ、胡弓の音色が町中に響き渡る
越中八尾「おわら風の盆」に行ってきた写真です。
9月1日〜3日なので、今日が最終日です。

八尾スポーツセンターに車を止めて往復しました。
たぶん歩行距離は10キロは軽〜く越えていると思います。

09023058.jpg

09023265.jpg

何度か訪れていますが、2枚とも今回初撮りのおわらゆかりの聞名寺境内です。
風の盆は未婚の男女が踊ります、此方では聞名寺講中による踊りです。
若干年齢は高そうですが、良く練習されている様子が伺えました。

09022739.jpg

昼間出会った踊り、半被に八尾高と書いてありますから地元の高校生、流石
に若々しく元気が良かったです。

09022801.jpg

町流しの時に出会いました、逆光が浴衣の袖に入りいい感じです。

09023484.jpg

待てど暮らせどやってこないステージ踊り、予定が10時。
始まるまでの待ち時間は1時間半。
下新町八幡社。
昼の踊りから深夜まで、概ね9時間の撮影でした。

また、1001回目からも御覧下さい。
お待ちしています。

それと、HPが工事中もう暫くお待ち下さい。
posted by 秀 at 19:19| 長野 ☁| Comment(2) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

8月総決算!!


今日で8月も終わります。
明日からは名実ともに秋の始まり。

最近忙しく動き回ってましたが、未発表の写真を
御覧下さい。


08038644A.jpg

長岡まつり大花火大会より、オープニングのナイアガラとスターマイン。
沢山の花火大会を見て来ましたが、個人的には一番好きで二本で一番
楽しい花火大会だと思います。
平原綾香さんに会えたのが懐かしいです・

08079654A.jpg

雨除けシートの掛ったねぶた海上運行と二尺玉。
この花火はめちゃくちゃでかくて綺麗でした。
千輪菊と云う花火でとても綺麗で見事な花火です。

_25C2231.jpg

そして、少し前に行った新庄まつり。
このお祭りも山車の審査があり、この山車が一年間
「ゆめりあ」展示の栄誉を勝ち取った見事な山車です。

明日からは全国各地区で豊作を祈願する祭りや、稲刈りなど
秋を感じる行事が増えます。
そんな被写体を狙って載せられたらと・・・

次回はブログ開始から1000回目の記事になります。
そんなこんなでどんな記事になりますか。
posted by 秀 at 21:48| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

新庄まつり

今日は先日行われた新庄まつりの様子をアップします。
大曲の花火大会の翌日、国指定重用無形文化財に指定され
ユネスコの文化遺産を目指している山形県新庄市の祭りです。

宵祭りの山車の鮮やかな色がとても綺麗でした。
知る人ぞ知る祭りですが、山形新幹線の終着駅なのでもっと
観光客に見て頂ければと思います。

この祭りの後、新庄は秋へと季節が変わると云う事です。


_25C1968.jpg

_25C1994.jpg


戸隠・鬼無里地区に伝わる「紅葉狩り」を題材に作られた山車です。
此方の紅葉はもろ鬼女ですが、実際は絶世の美女だったそうです。
平家から見たら怖い人物だったので歪んで伝えられたんでしょうね。

_25C2028.jpg

なにはともあれ戸隠が題材になり嬉しいです。

今回のお祭りは新庄市の関係者、それと名前は出せませんが多く
方々の協力で取材が出来た事に感謝いたします。

新庄市の〇上さん、来年は御一緒して素晴らしい写真を残しましょうね。
posted by 秀 at 13:39| 長野 ☁| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

2014 東北夏祭り


今回の取材は雨にたたられましたが、この時は夕焼けの中
綺麗なねぶたが見る事が出来ました。
市長さんの御挨拶の時が一番きれいな夕焼けになっていました。
この後、地元の超有名人「吉幾三」さんの生歌でお祭りが始まりました。
掛け声が、「ヤッテマレ、ヤッテマレ」

08080107.jpg

立ねぶたの館から出てくる所です。建物の大きさと見比べると、巨大さが。
 
_25C0047.jpg

祭りもフィナーレを迎える頃街中でねぶたが動きまわってます。

_25C0257.jpg


続いて長岡花火の翌日秋田市へ。
時間前になると竿灯を持った参加者が続々集まって来ます。
開会前の挨拶で、竿灯参加者が年々増えていると話していました。
此方の掛け声は「どっこいしょ、どこいしょ」

_25C9073.jpg

頭、腰、腕いろいろな所で竿灯を支え妙技を競います。

_25C9096.jpg

_25C9116.jpg


最後に好天で見たかった青森ねぶた祭り。

_25C9474.jpg

巨大なねぶたに雨除けのシートが係り、美しさが半減していました。
ねぶたは紙で出来ているようなので濡れると穴があいてしまうそうです。

_25C9966.jpg

ねぶたの先導は太鼓等のお囃子と跳ねとですが、中にはバケトと呼ばれる
こんな人や女装の方もいました。

_25C9465.jpg


青森ねぶたはまた来年お邪魔します。
posted by 秀 at 07:24| 長野 ☔| Comment(0) | 祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする